埋没法では二重にならないと言う方も

埋没法では二重にならないと言う方も

麻酔を堅実と行い瞼を切開して理想の二重ラインを制作します、そこから1週間後くらいにもう一度クリニックを訪れて抜糸をします、ある意味大阪でも行われているのです。切開といっても部分的だから、腫れもそれほどひどくはなく、ダウンタイムも短くて済みます。中には埋没法では二重になることはないと言う方もおられます。如何なる理由で縫わないのが好いのか、この様に仲を縫うとその部分がしこりとなる場合が有るからだ。糸は吸収させられるから平気と言う意見も有りますが、糸が無くなってからもしこりが残る場合が有るので注意をしよう。そこは瞼の脂肪が分厚かったり、いくら糸で止めても早々に切れてしまうと言う方ですよね、そういう方には埋没でではなく部分切開がおススメです。部分切開では瞼内部で上手く二重形成をする事がカギとなってるのです、これがいい加減だと早々に一重に戻られたりしてしまいましたとしてましていますよ、切開した中を縫う場合と縫わない場合が有りますが、できるそしたら縫わないものが理想ですよね。

トップへ戻る